メンバーログイン

ナビゲーション

ユーザログイン

活動報告詳細

相模原ロードレース&相模原体育協会


本日は日本電気治療協会が歴史的な一頁を刻みました。

本日は
「相模原ロードレース」と言うマラソンの応急処置ボランティアに
「相模原体育協会」
の依頼により総勢15名の日本電気治療協会の先生方が集まりました。
売名行為、勧誘行為が禁止されている公益団体なので個人ではなかなか入れない行事に入れたのも、現在NPO申請中の日本電気治療協会ならではのことです。

今回の目的は「接骨院の正しい利用方法を一人でも多くの市民の皆様に知っていただく」と言うことです。
参加人数300人以上の中、わずか2時間半で100名以上が日本電気治療協会のブースに来ていただきました。
やはり
「治療していても治らない」
「腫れがないけど痛い」
など、ハイボルトが得意中の得意な怪我がバンバン来ました。

この活動から「相模原陸上競技連盟」の副会長様から来年度の相模原の陸上競技のボランティアを日本電気治療協会にお願いしたい。
とお話をいただきました。

このような活動を通じて、
『地元の接骨院を知っていただく』
ことをドンドン展開して行きたいと思っております。
先生方の地元の中学校、高校から「捻挫、打撲、肉離れ」の患者様は何人来ていますか?
そのような認知はありますか?

今後ともこのような活動を通じて、接骨院の認知を広げて行きたいと思います!

それにしても楽しかった〜

今後とも活動にご協力よろしくお願いいたします。









理事長 羽田野龍丈